2017年11月4日土曜日

2017年度10月第2回集まりのご報告

2017年度10月第2回集まりのご報告
【日時】10月23日10:30〜12:30
【参加者】会員5人、子ども2人
【プログラム】
1.讃美歌422番
2.読書「女中訓ー福々しき身の上となるために」(『家事家計篇』)
3.家事家計講習会について
4.生活勉強 一品持ち寄り(ご飯のお供)

【感想】
・容易に腹を立てない、他人をうらやまない、時と物を大切にする。という事を毎日意識して生活したい。
・時を大切にする。命があるという事は、自分の使える時間があるということ。
・目的をしっかり意識することにより技術などが伸びる。日々の積み重ねが大切。
などの感想が聞かれました。

家事家計講習会の流れをチェック
当日の食事の献立、試食のメニュー
配布する資料の確認




〈メニュー〉
・三色ごはん
・わかめと豆腐の味噌汁
・じゃこの佃煮
・なんちゃって鮭のフレーク
・くるみ味噌
・ゆず大根
・大根菜とじゃこのふりかけ
・マツタケと乾燥白滝のすき焼き風
・さつまいもとセロリとレーズンのサラダ
・ぎせい豆腐
・セロリと大根とにんじんの甘酢漬け













11月17日(金)家事家計講習会があります。皆様お誘いの上ご参加ください。

2017年11月3日金曜日

2017年度10月第1回集まりのご報告

2017年度10月第1回集まりのご報告
【日時】10月14日(土)12:30〜14:30
【参加者】会員7人、子ども7人
【プログラム】
1.讃美歌494番
2.「二つの心得」(『家事家計篇』)
3.家事家計講習会について
       衣、主食費にを中心に

【様子】


読書は『家事家計篇』より「二つの心得」を読みました。

・心を集中させて家事をするのが大切。
・プリントを整理する時に捨てる箱、残す箱、考える箱を準備して片付けると良い。
・片付ける時、一人でやるのではなく、他の人がいる方が集中して早く片付けられる。
・きちんとしまえるようにあまり物を増やさないようにしているが、夫が色々買ってしまい困る。
・整理整頓するのが好きだが、間に合わせで安い物を買ったりすると、あいちゃくがわかないですぐ捨てる事になるので、買う時によく考える。

などの感想が聞かれました。



衣の勉強でタオルを各自洗濯し、その結果を見合いました。




回数も多少違いますが、かなり色に変化が出ました。
変色した一枚を煮洗いし、どれだけ色に変化があるか試してみる事にしました。
結果は家事家計講習会にて発表します。

2017年10月7日土曜日

2017年度9月第2回集まりのご報告

2017年度9月第2回集まりのご報告
【日時】9月18日(月)10:30〜12:30
【参加者】会員5人、子ども3人
【プログラム】
1.讃美歌 532番
2.「家庭経済の理想」(『家事家計篇』)
3.家事家計講習会について
  衣、主食費を中心に
  一品持ち寄り

【様子】



今回の集まりは会員宅で行いました。

読書は『家事家計篇』より「家庭経済の理想」を読みました。
・教会などによる救済がある。親にお金があり、元手があれば増やせるが、無いと増やす事が難しい。
・働き続けないと安心して老後を暮らせない。健康を害した時など不安。
・社会が良くなればいいと献金したりしていたが、自分の生活も厳しくなってきている。教会が生活に困っている人に援助する事になったが、心にモヤモヤするものが有る。社会が援助するのが正当なのでは。「社会が少しずつ良くなるようにという視点」を持ちたい。
・無産者のスタートなので、本の通りになればいい。
・貧富の差や貧困、老後の不安、読書の箇所の様な明るい未来が容易に手に入る世の中ではない時代になっている事を痛感した。

などの感想が聞かれました。


一品持ち寄りランチ

〈メニュー〉
・やわらかチキン南蛮
・大学芋
・鶏ハム
・カムジャタンもどき
・オルガリの煮びたし
・いちじくのワインコンポート
・会員宅で収穫したいちじく























次回の集まりは10月14日(土)です。

タオルを持参して洗濯調査の結果を見合います。

2017年度9月第1回集まりのご報告

2017年度9月第1回集まりのご報告
【日時】9月9日(土)12:30〜14:30
【参加者】会員5人、子ども6人
【プログラム】
1.讃美歌 422番
2.読書「人生の朝の中に」(『家事家計篇』)
3.家事家計講習会について
  講習会のテーマ、内容を煮詰める
  衣  タオルを見合う


【様子】


読書は『家事家計篇』より「人生の朝の中に」を読みました。

・いつからでも新しくなることができるというのは、一歩ずつ向上していけるので良い。
・家事ばかり完璧にしようとすると大変だが、急所を心得てと思えばすぐ始められて、心に余裕ができて良いと思う。
・真剣な主婦が増えたら良い。理想を持って家事をしていけたら望ましい。
・いつからでも新しくなることができるという言葉を励みにすれば、家事を頑張れる。

などの感想が聞かれました。



衣の勉強でタオルを見合いました。全員揃ってなく、洗濯回数に多少違いはあり、途中結果ですが、タオルの色に違いが出ました。
まだ続けて調査します。

家事家計講習会で主食費に重点を置いて話をする事になり、主食費を細かくつける事にしました。

2017年9月25日月曜日

2017年度8月第1回集まりのご報告

2017年度8月第1回集まりのご報告
【日時】8月28日(月)10:30〜12:30
【参加者】会員5人、子ども2人
【プログラム】
1.讃美歌 90番
2.「家庭と腕力」(『思想しつつ生活しつつ下』)
3.家事家計講習会について 一品持ち寄り

【様子】


今回の集まりは会員宅で行いました。

読書は『思想しつつ生活しつつ下』より「家庭と腕力」を読みました。
・すぐに始末をつけなくてはならないと思っていたが、時間をかけて始末をつける事が大切。
・子どもが間違いをして、それを正すのにどれだけ時間をかければいいのか。
・腕力にまかせると後で自己嫌悪になるので、腕力まかせてはいけない。
などの感想が聞かれました。


家事家計講習会の日時、場所、内容などの概要を決めました。



一品持ち寄りランチ



〈メニュー〉
・わかめスープ
・マカロニメキシカン
・肉じゃが
・高野豆腐
・牛肉となすのしぐれ煮
・にんにくのはちみつ煮
・みょうがとツナの和え物
・パプリカのだし煮



次回の集まりにタオルを持参することになりました。

2017年7月25日火曜日

2017年度7月第2回集まりのご報告

2017年度7月第2回集まりのご報告
【日時】7月17日(月)10:30〜12:30
【参加者】会員6人、子ども2人
【プログラム】
1.賛美歌  389番
2.「夫婦の個性」(『思想しつつ生活しつつ下』)
3.食について   一品持ち寄り

【様子】



今回の集まりは会員宅で行いました。


読書は『思想しつつ生活しつつ下』より「夫婦の個性」を読みました。
・子どもに対して怒鳴る事は子どもの思考を止めてしまうので、怒鳴る事は良くないという記事を見て、怒鳴らないようにしょうと思う。という意見に対し、母親も自分の気持ちを押し殺して子どもを注意するのではなく、お互い気持ちをぶつけ合う事も必要なのではないかという意見もでました。
・自立できる人は人と協力ができるので、自立できる子を育てる事が大切。
・子どもに色々な話をする時、ただ話をするのではなく、タイミングを見るのも大事。
などの感想が聞かれました。





一品持ち寄りランチ

〈メニュー〉
・味噌スープ
・枝豆ご飯
・茄子のはさみ揚げ
・レンコンのアチャラ漬
・麻婆茄子
・すきこぶ
・甘酢漬け
・キャロットとマンゴーのサラダ
・じゃがいもと長ねぎのオイバタ炒め
・ボストンクリームケーキ

『自由学園最高の「お食事」95年間の伝統レシピ』から卒業生2人が4品作ってくれて自由学園のお食事を味わうことができました。


8月は日本に帰省する会員が多い為、集まりは8月28日の1回のみになります。

2017年度7月第1回集まりのご報告

2017年7月第1回集まりのご報告
【日時】7月8日(土)12:30〜14:30
【参加者】会員6名、子ども8名
【プログラム】
1.賛美歌 240番
2.読書 「永遠の少年」(『教育三十年』)
3.衣:洗濯方法についての調査打ち合わせ

【様子】




読書は『教育三十年』より「永遠の少年」を読みました。
・体は年をとってきても、常に何かに挑戦していきたい。
・新しい事を始めると刺激もあり楽しいが、時間配分を考えて無理をしない。
・自由学園の教えをよく理解できた。
・環境に振り回されずに色々な事に挑戦したい。
・食事は餌ではないので、子どもに無理に食べさせるのではなく、食事は楽しいと思えるようにする事が大切。
・母親の気持ちに幅を利かせてこせこせした気持ちを子どもに植えつけない。
などの感想が聞かれました。




衣の勉強では、各家庭の洗濯方法の調査をする為に同じタオルを配り、どういう条件で洗濯をするかなど調査票も配布し、3ヶ月間実施する事にしました。