2018年4月2日月曜日

2018年3月第2回目集まりのご報告

【日時】3月26日(月)10:30~14:00
【参加者】会員4人、お客様1人、子ども1人、お客様子ども1人
【プログラム】
1.讃美歌 240番
2.読書 「囚われ」(『思想しつつ生活しつつ下』)
3.持ち寄りクレープパーティー

【感想】
・日常的に様々な事に囚われている。囚われていないと思っても囚われていたり、自分では囚われていることにさえ気づいていない事も多い。
・今までの祈りは囚われではなかったか?
・知らず知らずに頭でっかちになって、無心に働く事が疎かになっていたかも?
などの感想が聞かれました。

様子
・鶏胸肉のタンドリーチキン
・酢じょうゆ卵
・水切りヨーグルト
・ドライカレー
・マヨ卵
・カスタードクリーム
・生クリーム
・手作り苺ジャム
・梨のサイダー煮
・黄桃
・苺
・パイナップル
・ハムとチーズのガレット
・ティラミス
・スイスメレンゲ




今年度最後の集まりであること、来年度へのおやつの勉強の助走としてクレープパーティーをしました。
クレープを会員2人が焼いてきてくれましたが、それぞれ同じ材料、分量で焼いたにもかかわらず見た目などに大きな差がありました。
焼き方のコツ等聞けたのも大きな成果でした。


*2018年度からこひつじ広場は月1回の集まりになります。
来月の友の会の集まりは4月14日(土)、4月23日(月)です。

2018年度3月第1回目集まりのご報告

日時】3月10日(土)12:30~14:30
参加者】会員7人、お客様1人、子ども11人、お客様子ども2人
プログラム
1.讃美歌 23番
2.読書 「教育と自信」(『教育三十年』)
3.来年度の生活勉強で学びたい事(前回の続き)
  2017年度の反省、改善点

様子

読書は『教育三十年』より「教育と自信」を読みました。

・親が「これくらいできるだろう。」というものさしを子どもに押しつけている事がある。子どもに寄り添わないといけない。
・一人っ子だとどうしても子どもに目がいき過ぎがちになるので、そうならない様に気をつけたい。
・子どもに何をいってもそれが正直な言葉なら、かれらの自信を傷つけるものではなく、むしろ反対にその奮発心を喚起し得ると思います。とあるように、正直な言葉は子どもにきちんと通じる。
・素直な意見を話し合える事は大切。相手が自分を嫌っていると思ってた人とも遠慮なく話し合うと、お互いを尊重しあえる様になる。
・同じ志を持っていると、間違いを指摘されても素直に受け入れられる。
などの感想が聞かれました。

来年度の生活勉強
・塩麹、甘酒作り
・4月に網戸をそうじ
・子どもの読書会
・3ヶ月毎に家計簿を見合う
などの案がでました。

2018年2月第2回目集まりのご報告


【日時】2月26日(月)10:30~12:30
【参加者】会員7人、お客様1人、子ども7人、お客様子ども1人
【プログラム】
1.讃美歌 313番
2.読書「唯この心を唯この心に」(『思想しつつ生活しつつ下』)
3.来年度の予算の見合い、来年度の生活勉強でしてみたい事を話し合う

読書は『思想しつつ生活しつつ下』より「唯この心を唯この心に」を読みました。

・自分に余裕がないと不愉快な事を倍にして返そうと思ってしまう。
・大人同士だと気持ちを抑えて済ませる事ができるが、子ども同士だと気持ちを抑える事ができないので、エスカレートしやすい。
・仕返しをしない努力をするのはすごく大変なこと。
などの感想が聞かれました。

来年度の生活勉強で朝ごはん、アパートの窓拭きについて学びたいという案、麹を使った物の勉強はどうかという案がでました。

着物着付け・茶道体験についてのご報告



着物着付け・茶道体験についてのご報告
【日時】2月21日(水)10:30〜12:00
【場所】国際交流基金ソウル文化センター
【様子】



着付けの説明
浴衣を各自で着て記念写真
















お茶碗の説明を真剣に聞く


お茶碗の説明を聞く
お茶のたて方の説明
実際にお茶をたててみる
浴衣を着て記念撮影
会員の一人がボランティアで国際交流基金の活動に参加しており、色々な活動の一環で茶道と着付けの体験があるということで、参加させてもらいました。
子ども達もちょうど春休み中で貴重な体験をする事ができました。
韓国にいてこの様な体験ができて感謝です。

2018年3月28日水曜日

2017年度7月第2回集まりのご報告

2017年度7月第2回集まりのご報告
【日時】7月17日(月)10:30〜12:30
【参加者】会員6人、子ども2人
【プログラム】
1.賛美歌  389番
2.「夫婦の個性」(『思想しつつ生活しつつ下』)
3.食について   一品持ち寄り

【様子】



今回の集まりは会員宅で行いました。


読書は『思想しつつ生活しつつ下』より「夫婦の個性」を読みました。
・子どもに対して怒鳴る事は子どもの思考を止めてしまうので、怒鳴る事は良くないという記事を見て、怒鳴らないようにしょうと思う。という意見に対し、母親も自分の気持ちを押し殺して子どもを注意するのではなく、お互い気持ちをぶつけ合う事も必要なのではないかという意見もでました。
・自立できる人は人と協力ができるので、自立できる子を育てる事が大切。
・子どもに色々な話をする時、ただ話をするのではなく、タイミングを見るのも大事。
などの感想が聞かれました。





一品持ち寄りランチ

〈メニュー〉
・味噌スープ
・枝豆ご飯
・茄子のはさみ揚げ
・レンコンのアチャラ漬
・麻婆茄子
・すきこぶ
・甘酢漬け
・キャロットとマンゴーのサラダ
・じゃがいもと長ねぎのオイバタ炒め
・ボストンクリームケーキ

『自由学園最高の「お食事」95年間の伝統レシピ』から卒業生2人が4品作ってくれて自由学園のお食事を味わうことができました。


8月は日本に帰省する会員が多い為、集まりは8月28日の1回のみになります。

こひつじ文庫分房(清州)のお知らせ

こひつじ文庫に書籍を寄贈して下さる皆様、感謝致します。
2018年3月、ソウル友の会運営の家庭文庫「こひつじ文庫」を韓国・清州に分房致しました。今後は、ソウルと清州の2箇所で日本語書籍の貸し出しを行います。

文庫の書籍リストは各ページをご覧下さい。
 ・ソウル
 ・清州

初めてご利用の際は、各担当者へご連絡ください。

ますます多くの方々に書籍が有効に利用され、喜んでいただけるようにしていきたいと思っております。

2018年2月15日木曜日

2018年2月第1回目集まりのご報告

【日時】2018年2月10日12:30〜14:30
【参加者】会員5人、子ども8人
【プログラム】
1.讃美歌  294番
2.読書「真実を語れ」(『教育三十年』)
3.2018年度の係を決める
       今年の抱負


【様子】
1月は帰国している会員もいたりで集まりが持てなく、2018年最初の集まりとなりました。
読書は『教育三十年』より「真実を語れ」を読みました。

・あまり断言せずに曖昧に話す事がある。
・真実をきちんと判断できるようにしたい。
・真実は愛である。
・愛が無ければ真実は語らない。

などの感想が聞かれました。

2018年度の係を決め、今年の抱負、友の会の年間予定表について話し合いをしました。

次回の集まりは2月26日マンナ教会で行います。